2018年4月 ジョイフルランチ新聞

4月は環境が変わりストレスを抱えやすい時期でもあります。

ストレスに強い身体作りには、ビタミンCを!

4月から新しい環境になり、慣れないことの連続でストレスを感じているという方も多いのではないでしょうか。ストレスといっても精神的なものだけに限りません。
不規則な生活睡眠不足喫煙などによっても、知らず知らずのうちに身体はストレスを受けているのです。

ストレスを受けると、身体は対抗するための抗ストレスホルモンを作り出します。
この抗ストレスホルモンを作るための材料の一つがビタミンCです。
いつもは大量に蓄えられているビタミンCが、抗ストレスホルモンを作るために激減しそこに更にストレスがかかると、抗ストレスホルモンを作り出すことができずに身体がストレスに対して抵抗力がなくなってしまうのです。

ビタミンCは、一度に大量に摂取しても体内に吸収される量は限られています
そのため毎日の食事の中でバランスよく摂り入れるのが理想的です。
今月の献立では、10日、19日、23日で使用するブロッコリーカリフラワーにはビタミンCが多く含まれています。
ストレスに負けない体づくりのためにも、是非ご賞味ください。

4月3日はいんげん豆の日

いんげん豆を中国から日本へ伝えたとされる隠元禅師が1673年(延宝元)4月3日に亡くなり、それにちなんでこの日をいんげん豆の日としました。
隠元禅師は1654年に中国から招来され京都・宇治に萬福寺を創建し、いんげん豆を普茶料理(ふちゃりょうり)いわゆる精進料理に使う材料として普及させました。

いんげん豆は若いサヤごと食べるものと、完熟した豆を食べるものがあり、白いんげん豆やうずら豆、とら豆はいんげん豆の仲間です。
さやいんげんは味にくせがないので幅広く料理に使えたり、ちょっとした彩りにしたりなどとても便利な野菜です。
種をまいてから3度収穫できることから三度豆とも呼びます。

旬の食材

4月が旬の野菜:新タマネギ・春キャベツ・菜の花・アスパラ・サヤエンドウ
菜の花・・・ビタミンCはほうれん草の3倍以上、むくみ予防に効くカリウムや不足しがちな鉄分などのミネラルも多く含む食材です。
その時期に人間が必要な成分を含む食材は、あたかも必要とされるのがわかっていたかのように必ずその時期の旬となって出てきます。
""とはとても奥深いものですね。



2018年4月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    ケータリング食堂の特徴

社員食堂 経費削減の実例

オフィス弁当販売・社員食堂運営

介護・医療施設食堂「運営」

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。