2019年5月 ジョイフルランチ新聞

大型連休が終了し通常の生活に戻りましたが、この時期は心と身体のケアに意識しましょう。

この時期は体調不良になりやすい時期です

史上初の10連休明け、普段の生活に戻りましたが、こんな症状に注意が必要です!
・片頭痛 ・うつ症状 ・だるさ、倦怠感 ・めまい ・肩こり ・下痢、便秘

この時期の体調不良の原因は"気象病"の可能性があるようです。
気象病とは、天気の変化で起こる体調不良のこと。

気象病の原因
① 気温の変化
・今の時期は、自律神経が冬モードから夏モードに変わる途中である事。
・体が冬から夏の気候に慣れないうちにGWに入り、気温が上昇した事。
・10連休で行楽に出かけ、長い時間紫外線を浴びたりした。
これが原因で自律神経が乱れ免疫力が低下し、体調不良になりやすくなるようです。

<体調不良への3つの対策>
①39~41℃の湯舟に5~10分ほどつかり体を温める。
②起床時、朝食をとる前に1杯の水を飲む
③首、手首、足首の3つの"首"を温める。
⇒温めるのは就寝前や疲れを感じた時がおすすめのようです。

当てはまる症状がでてきたら、実践してみてはいかがでしょうか。

5月24日は『菌活の日』です

菌そのものを食べる『きのこ』の栄養素や効果効能を生かし、美容や健康のために菌を積極的に摂り入れ、健康に過ごしてもらうのが目的。
日付はテレビコマーシャルで「菌活」という言葉を初めて全国発信した2013年5月24日にちなんで制定されたようです。
今月10日、14日、16日、30日の弊社日替わり弁当メニューに、キノコを使ったメニューが登場します。
美味しく摂り入れ、健康の為に『菌活』してみてはいかがでしょうか。

旬の食材

旬の野菜:アスパラ・キャベツ・ごぼう・しいたけ・いちご・キウイ・あじ・かつお

アスパラにはアスパラギン酸という成分が含まれており、アミノ酸の一種で筋肉疲労時にたまった乳酸をエネルギーに変える働きがあるようです。
スタミナドリンクの成分として有名で、エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸です。



2019年5月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


2019年2月 ジョイフルランチ新聞

空気が乾燥しています!適度な潤いを心掛けましょう。

インフルエンザが例年以上に流行しています!!

インフルエンザ、ノロウィルス等の感染症をからだに取り込まない方法は、手洗いが重要であるという事を以前にも紹介しましたが、それと同時に正しいうがいをする事で感染をより抑える事ができます。

正しいうがい方法
①水を口に含み口を閉じグチュグチュをしながら洗い流す。

②もう一度水を含み、上を向いて喉の奥でガラガラうがい。

③10~15秒したら吐き出す。
これを最低3回繰り返します。

風邪を予防する為のうがいは、水でじゅうぶん効果的だそうです。
ある研究チームの臨床実験では、うがい薬でうがいするより水でのうがいの方が風邪予防には効果があると認められています。
もともとある常在菌まで殺菌してしまう事などが原因ではないかと考えられているようです。

うがい薬も医師の指導のもと、上手に使い分けないと効果がないということでしょうね。
外から帰ったら手洗い、うがいを正しく上手におこないこの時期を乗り切りましょう。

2月14日はバレンタインデー

今やハロウィンに人気を奪われつつあるバレンタインデー
ではいったい何の日なのかご存知でしょうか。

西暦3世紀頃のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、若者が戦争へ争いに行きたがらない理由は、愛する家族や恋人を故郷に残すことを躊躇する気持ちにあると確信し、結婚を禁止してしまいました。

キリスト教司祭のウァレンティヌスはかわいそうな兵士たちのこと想い、内緒で結婚式を執り行っていました。そのことがやがて皇帝の耳にも入り、怒った皇帝は法を無視したウァレンティヌスに罪を認めさせ、二度とそのようなことがないように命令しました。

しかし、ウァレンティヌスはそれに従わなかったため、処刑されてしまいました。
以降、毎年2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったそうです。
以上、ちょっとした豆知識でした。。

旬の食材

旬の野菜:キャベツ・白菜・大根・小松菜・水菜・ほうれん草・りんご・キウイetc...

大根→大根にはジアスターゼと言うでんぷん分解酵素が多く含まれており、その為消化を助け、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどに効果があるそうです。
葉の部分には、ビタミンCやE、カリウム、カルシウムを多く含んでいます。
β-カロテンかなり多いです。こう見るともう捨てられなくなりますね。



2019年2月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


病院の職員食堂をおいしくリニューアル

病院の職員食堂をおいしくリニューアル!

病院の方たちが昼食・夕食で困って探し、弊社に電話でお問合せを頂くことがあります。
ここに最近のオープン事例をご紹介します。(365日昼食・夕食の相談可)

クリニックのケース
写真

品数はご相談下さい。

総合病院のケース
写真

皿盛りすると見栄えも良いですが、お弁当箱のまま食べて手間を減らすこともできます。

福利厚生費の一環として会社自ら社員食堂を運営されている企業様は多々ありますが、社員食堂を改革しどんな形態の食事提供をしたら良いか、ジョイフルランチでは様々なプランにて社員食堂の運営委託をご提案致します。

大規模施設の社員食堂の経費削減

大規模施設の社員食堂の経費削減

社員のリフレッシュに食堂を活用

社員のリフレッシュに食堂を活用

オープンテラス・カフェ方式も快適

オープンテラス・カフェ方式も快適

多品種のメニューで満足度アップ

多品種のメニューで満足度アップ


お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    ケータリング食堂の特徴

社員食堂 経費削減の実例

オフィス弁当販売・社員食堂運営

病院職員向け食堂の運営

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。