2019年5月 ジョイフルランチ新聞

大型連休が終了し通常の生活に戻りましたが、この時期は心と身体のケアに意識しましょう。

この時期は体調不良になりやすい時期です

史上初の10連休明け、普段の生活に戻りましたが、こんな症状に注意が必要です!
・片頭痛 ・うつ症状 ・だるさ、倦怠感 ・めまい ・肩こり ・下痢、便秘

この時期の体調不良の原因は"気象病"の可能性があるようです。
気象病とは、天気の変化で起こる体調不良のこと。

気象病の原因
① 気温の変化
・今の時期は、自律神経が冬モードから夏モードに変わる途中である事。
・体が冬から夏の気候に慣れないうちにGWに入り、気温が上昇した事。
・10連休で行楽に出かけ、長い時間紫外線を浴びたりした。
これが原因で自律神経が乱れ免疫力が低下し、体調不良になりやすくなるようです。

<体調不良への3つの対策>
①39~41℃の湯舟に5~10分ほどつかり体を温める。
②起床時、朝食をとる前に1杯の水を飲む
③首、手首、足首の3つの"首"を温める。
⇒温めるのは就寝前や疲れを感じた時がおすすめのようです。

当てはまる症状がでてきたら、実践してみてはいかがでしょうか。

5月24日は『菌活の日』です

菌そのものを食べる『きのこ』の栄養素や効果効能を生かし、美容や健康のために菌を積極的に摂り入れ、健康に過ごしてもらうのが目的。
日付はテレビコマーシャルで「菌活」という言葉を初めて全国発信した2013年5月24日にちなんで制定されたようです。
今月10日、14日、16日、30日の弊社日替わり弁当メニューに、キノコを使ったメニューが登場します。
美味しく摂り入れ、健康の為に『菌活』してみてはいかがでしょうか。

旬の食材

旬の野菜:アスパラ・キャベツ・ごぼう・しいたけ・いちご・キウイ・あじ・かつお

アスパラにはアスパラギン酸という成分が含まれており、アミノ酸の一種で筋肉疲労時にたまった乳酸をエネルギーに変える働きがあるようです。
スタミナドリンクの成分として有名で、エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸です。



2019年5月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    経費削減実例のご紹介

社員食堂 経費削減の実例

病院職員向け食堂の運営

ジョイフルランチ新聞

会社案内


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。