2019年7月 ジョイフルランチ新聞

そろそろ梅雨も明け、夏の到来です。
体調管理を心掛け、夏バテにはじゅうぶん気を付けましょう。

この時期の水分補給はこまめに摂取事が重要です。

この時期に1番大切なのは、栄養のある旬の食材を上手に摂り入れることです。
症状が出る前にしっかりと意識して必要な栄養を摂り入れ、万全の状態で夏を迎えましょう。

では、この時期に必要な栄養素はいったい何なのでしょうか。
今回はその必要な栄養素を多く含む食材についてご紹介します。

"キュウリ"には、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。
ビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、酢に酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物で食べれば効率よくビタミンCも取れますよ。
"トマト"には、抗酸化作用のあるビタミンAとCがたっぷり。
ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できるので、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。
"ゴーヤ"には、ビタミンCを豊富に含む他に、ビタミン、ミネラルをバランスよく含みます。
夏場に汗とともに失われ易いカリウムも多く、むくみを解消し滞った代謝を促進します。
特有の苦み成分は、食欲を刺激して夏バテ予防に働きかけます。
苦味が気になるようなら、白い綿の部分をしっかり取ったり塩もみすることで気にならなくなります。
ゴーヤチャンプルーのように、お肉の脂やタンパク質と一緒に調理すると苦味もやわらぎお勧めですよ。
弊社のお弁当に、夏野菜を使ったメニューをご用意しております。
美味しく摂り入れ、夏を乗り切りましょう。

7月30日は梅干の日

梅干しを食べれば「難(7)が去る(30)」という古来の言い伝えから7月30日は梅干の日と制定されました。
梅干しには夏を乗り切るための栄養素が多く含まれています。

クエン酸:疲労回復作用・抗酸化作用・殺菌作用。
食物繊維:水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれています。
ナトリウム:夏バテ予防。

旬の食材

代表的な夏野菜には、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなど濃い、ハッキリした色の野菜がその特徴といえます。
食欲も落ちるこの季節、カラフルなビタミンカラーは食欲を刺激しますし、含まれている栄養素とその効能は、夏にぴったりと言えます。



2019年7月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    経費削減実例のご紹介

社員食堂 経費削減の実例

病院職員向け食堂の運営

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。