| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全て表示 | 次へ ≫

2017年12月 ジョイフルランチ新聞

12月になり今年も残す所あとわずかとなりました。
忘年会など外食する機会が増える時期です。飲み過ぎには注意して1年を締めくくりましょう。

忘年会シーズン到来!二日酔い対策4カ条!

12月になり、忘年会のシーズンとなりました。
今月は飲みすぎによる二日酔いを予防するためのポイントをお伝えします!

1. 空腹時の飲酒を避ける!

空腹時に多量のお酒をいれると、血中アルコール濃度が急上昇していまい、身体に悪影響を与えます。
何か食べてから飲むようにしましょう。

2. つまみにはタンパク質を!

アルコールを分解するのは肝臓です。肝臓が働くエネルギー源がタンパク質です。
タンパク質豊富な豆腐や枝豆やチーズなどをつまみにしましょう。(食べ過ぎには注意。。)

3. お酒と一緒に水を飲む!

お酒を頼む時にはお水も一緒に頼みましょう。水を飲むことで血中アルコール濃度を抑えたり、胃や食道の粘膜を守ってくれます。

4. 時間をかけてゆっくりと!

肝臓は少しずつアルコールを分解していきます。それより早いスピードでお酒を飲んでしまうと早く酔いがまわってしまい、二日酔いの原因になります。

この時期は何かとからだに負担のかかる時期です。
健康で1年を終える為にも、これらの事を注意して過ごしましょう。

12月 旬の食材

カリフラワー・大根・レンコン・春菊・ごぼう・みかん

レンコン・・・ビタミンCが豊富で、風邪の予防や疲労回復にも効果があります。
また、粘り成分であるムチンは胃腸の粘膜を保護する効果もあり、胃もたれや胸やけの予防にもなります。風邪予防・胃もたれ予防の為にもレンコンをおいしく摂り入れ、この時期を健康に乗り切りましょう。


本年度のジョイフルランチ新聞は今号にて最後となります。
今年1年も大変お世話になりました。
来年度も変わらぬお引き立てと、より一層のご支援を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

(株)奥原商事

2017年12月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


2017年11月 ジョイフルランチ新聞

そろそろ本格的な冬に突入していきます。
早めの対策で、上手にその季節の良さを満喫しましょう。

この時期は空気の乾燥に注意しましょう!

秋から冬にかけ空気が乾燥し、湿度が下がると肌から水分が蒸発し乾燥してきます。
乾燥は風邪などをひきやすくなるだけではなく、肌にとっても大敵です。
健康な状態を持続させる為には、からだを潤す食べ物を積極的に摂取し、からだの内側からも栄養を取り入れるようにするのが大切です。

以下の食材が効果的です。
・肌を潤すビタミンA(レチノール・カロテン) → 緑黄色野菜やレバーなど
・角質層の水分を守るセラミド → 大豆、ヨーグルトなど
・かさつきを予防する良質な脂質 → 肉類や植物油など

また、空気が乾燥すると埃が舞い上がり、ウイルスの飛沫を吸い込みやすくなります。
夏の冷房など気温変化で疲れてしまったからだがついていけず免疫力が低下
そんな時に疲れやストレス、栄養不足などで体力が落ちると、ウイルスの感染力に負けてしまいます。
この時期はこれらを意図的に摂取しからだの内側からも乾燥を予防しましょう!

11月11日は鮭の日

鮭という感じは魚へんに「圭」と書きます。その形が「十一十一」と書く事から記念日として制定されました。
鮭の美しい赤い色は、カロチノイド色素のアスタキサンチンで、体内に吸収されるとビタミンA効果を発揮します。血栓を予防するEPAを豊富に含み胃腸を温め気力を増進させる働きを持っており、北海道の郷土料理「石狩鍋」はからだの芯から温まるため、冷え症の人には特におすすめです。
第二週の魚弁当は鮭の塩焼きをご用意しております。この機会にどうぞご利用下さい。

11月 旬の食材のご紹介

カリフラワ―、ブロッコリー、ごぼう、山芋、えのきだけ、りんご、ホタテ

11月は胃腸の働きを高め体を温める根菜類が旨味を増してくる季節です。
えのきだけはビタミンB2が脂肪分解に働き、さらに低カロリーのためダイエットに向いている食材の一つです。
また、葉酸が貧血予防にも働きますので上手に摂り入れましょう。


2017年11月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


2017年10月 ジョイフルランチ新聞

10月に入り風に冷たさを感じる季節になりました。
美味しい「旬の物を食べる」などして、秋を感じてみてはいかがでしょうか。

夏が終わると今度は秋バテに注意が必要です!!

夏の暑さが和らぎ、ようやく夏バテともおさらばできると思いきや、なぜか疲れが抜けない。。。
そんな症状があったら「秋バテ」かもしれません。
夏の疲れが溜まって体力を消耗し、それがもとになって自律神経の乱れや血の巡りが悪くなって起こるもので、食欲不振寝不足めまい立ちくらみ頭がすっきりしない微熱が続くといった症状となって現れるようです。

夏の終わりから秋にかけては日中は暑くても、朝晩は気温が下がって冷えやすくなっています。
この時期は、からだを冷す食事から温める食事に切り替えましょう。
温かいスープ根菜類を意識して摂るとよいとされています。

弊社今月のお弁当に、根菜類を使ったメニューや、旬のかぼちゃ等を使ったメニューが登場致します。
上手に摂り入れて、からだの内側から健康になりましょう。

10月は健康保険組合連合会が定めた「健康強化月間」です

健康の保持・増進を図り、さらに全国民の健康意識を高め、健康寿命を延ばすことを目的として定められたものですが、食生活に限った事だけでなく運動や禁煙に関する事も項目に挙げられています。

食に関しては、生活習慣病予防のためには野菜を上手に摂り入れることがとても大切です。
1日350g以上の摂取が理想とされていますが、意識しないとこの数字には及ばないと思います。
弊社お弁当も毎日様々な野菜を使用しておりますので、上手に摂り入れ健康の保持・増進を図りましょう。

10月 旬の食材のご紹介

かぼちゃ、キノコ類、かつお、いくら、くり、りんご、あずき、ピーナッツ

かぼちゃは、β-カロテン(ビタミンA)が豊富なほか、さまざまな栄養をバランスよく含んだ食材です。
ビタミンAが風邪、C型肝炎などの感染症やガンといった免疫力低下によって発症する病気の抑制に効果的であることで注目されています。
またβ-カロテンには、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きもあります。 免疫力が高まると、外から体内に侵入してくる有害な細菌やウイルスを撃退するだけではなく、抗がん作用も高まります。 この時期にふさわしい、まさに万能食材ですね。


2017年10月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから


2017年4月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2017年4月のジョイフルランチ新聞


2017年3月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2017年3月のジョイフルランチ新聞


2017年2月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2017年2月のジョイフルランチ新聞


2017年1月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2017年1月のジョイフルランチ新聞


2016年12月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2016年12月のジョイフルランチ新聞


2016年11月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2016年11月のジョイフルランチ新聞


2016年10月のジョイフルランチ新聞

 

→文字を大きくして読みたい方、印刷したい方はこちら!

2016年10月のジョイフルランチ新聞


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全て表示 | 次へ ≫

お問い合わせ・ご試食
よくある質問

経費削減の実例

    経費削減の実例

社員食堂運営

介護・医療施設食堂「運営」

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ

新規オープン!

お米測定下限値以下でした。

取材依頼はこちら

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。社食の外部委託に関しては経験と実績がありますので、安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用の削減の実情についても取材に対応できます。 お気軽に取材のご依頼をお送りください。