2018年5月 ジョイフルランチ新聞

GWが終わり、日常の生活のリズムに無理なく戻すには・・・

この季節の気分転換には是非スパイス料理を!

5月に入り、優雅な連休を過ごした方も多いのではないでしょうか?
連休明け、日常の生活に戻っても気持ちまで切り換えるのはなかなか大変ですよね。

そんなときは、日々の食事にスパイスを加えて気分を変えてみてはいかがでしょうか。
スパイスと聞くと、カレー粉唐辛子などを思い浮かべる方も多いと思います。
もちろん、それらもスパイスの一種です。
「カレーライスは食べるけど、他のスパイスを食べる習慣はないなぁ...」と思っている方!実は、もっと身近にスパイスは存在しているのです!

それは...生姜にんにくタマネギです。これらもスパイスの一種といわれています。
スパイスは料理の香りづけ以外にもそれぞれ身体にとって良い働きがあります。

生姜:身体を温める・免疫力を高める
にんにく:疲労回復・体力増強・滋養強壮
タマネギ:消化促進作用・便通を整える・コレステロールの吸収を抑える

気分をリフレッシュすると共に、身体にもいい効果があるなんてとても得した気分になりますよね!
スパイスの効果を感じながら、おいしく摂り入れてみてはいかがでしょうか。

5月29日はこんにゃくの日

1989年(平成元年)に全国こんにゃく協同組合連合会と財団法人日本こんにゃく協会が制定。
こんにゃくの種芋の植えつけが5月に行われることと、「こ(5)んに(2)ゃく(9)」と読む語呂合せから決められたそうです。
また、本格的な夏を迎える前に、こんにゃくの効用や機能性を再確認して健康に過ごして欲しいという願いも込められているようです。
こんにゃくは、低カロリーなうえに食物繊維が豊富で、体内の老廃物を外に出す働きがあり、昔からお腹の掃除をしてくれることが知られていて、「砂おろし」「砂払い」「胃のほうき」などと呼ばれていたようです。

旬の食材

旬の野菜:タケノコ・キャベツ・新ごぼう・じゃがいも・ふき・たらの芽

キャベツ・・・ビタミンC食物繊維が豊富な上に、キャベツ特有の栄養素ビタミンU(別名キャベジン)が多く含まれています。ビタミンUは胃腸薬にも使われるもので胃潰瘍を予防する等の働きがあると言われています。
生で食べやすいこの時期のキャベツを上手に摂り入れましょう。



2018年5月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから

お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    ケータリング食堂の特徴

社員食堂 経費削減の実例

オフィス弁当販売・社員食堂運営

介護・医療施設食堂「運営」

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。