2018年7月 ジョイフルランチ新聞

本格的な夏の到来です。熱中症には注意しましょう。

連日暑い日が続いてます。しっかりとした体調管理が必要です。

今年も各地で猛暑日が続いて、身体にも大変負担が掛かる時季です。
何事も体の中から健康にし、うまく栄養を摂り入れる事で夏バテを回避する事ができます。

では、そもそも夏バテが起こる原因はいったい何なのでしょうか。
その原因の1つにビタミンB1の不足が考えられます。

この栄養素が体内に足りないとエネルギーを上手く作れなくなると同時に汗や尿と一緒に排泄されやすくなってしまいます。
このビタミンB1が豊富に含まれるとされる食品の代表は豚肉なんです。
なんと牛肉の10倍以上も含有されていると言われています。

沖縄で暑い夏を乗り越えることができるのは、豚肉を食す事が多いおかげとも言われています。
弊社で日替わり丼として豚肉を使った丼を用意しております。
上手に摂り入れて、暑い夏を乗り切りましょう

土用の丑の日の始まり

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。丑(うし)のうから始まる食べ物が良いとされる事からウナギを食べる日となったようです。
それと合わせて、一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に「本日丑の日 土用の丑の日 うなぎの日 食すれば夏負けすることなし」という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。
完全に商品戦略で立てられた日という事ですね。

ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。夏バテ防止にはピッタリの食材なので、今となっては貴重な鰻を堪能するのも良いのではないでしょうか。

旬の食材

旬の野菜:アジ、ウナギ、シジミ、オクラ、きゅうり、冬瓜、ナス、トマト、モロヘイヤ、スイカetc

スイカ→90%が水分から出来ているため利尿作用が高いことで知られるスイカですが、実はトマトに含まれているリコピン。アンチエイジングなどに高い効果があるとされているものですが、その含有量がスイカの方が豊富に含まれているようです。
この夏はおいしくスイカを食べて、デトックス&アンチエイジングをしてみては、いかがでしょうか。



2018年7月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから

お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    経費削減実例のご紹介

社員食堂 経費削減の実例

病院職員向け食堂の運営

ジョイフルランチ新聞

会社案内


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。