2018年8月 ジョイフルランチ新聞

8月に入り暑い日々が続いています。こまめな水分補給を意識して熱中症にはじゅうぶん注意しましょう。

胃腸を健康にして残暑を乗り切りましょう!

今年の夏は猛暑日が多く、もう既にバテ気味の方もいるかもしれません。
せめて胃腸だけは健康にして、この残暑を乗り切りましょう!

◇ 食欲不振
暑い日が続くと食欲が落ちたり、脂っこいものが食べられなかったりする事が多くなります。
その原因は水分の摂り方を気を付ける事で解消できるようです。
一度に大量摂取した水分は吸収が間に合わず、胃に溜まってしまい胃液を薄めることになります。
胃液が薄まってしまうと消化する力も弱まり、胃もたれに繋がってしまうようです。

◇ 下痢
夏は下痢の症状を起こしやすい季節でもあります。特に男性は女性よりもお腹を下しやすいと言われています。
その一つの原因とされているのが偏食です。暑い日が続くと食欲が落ちる為、なんとなく毎日同じようなものばかり食べてしまいますよね。それが偏食に繋がってしまいます。
色々な食材をバランスよく食べることが、胃腸を健康に保つためには必要です。
ジョイフルランチのお弁当は日替わりで、毎日色々な食材をバランスよく食べることができます。
胃腸の為にも、ジョイフルランチのお弁当を是非ご賞味ください♪

8月31日は野菜の日

こちらでも何度か取り上げていますが、毎年8月31日は(8=や 3=さ 1=い)の日です。
夏は暑さで食欲が落ち、体調不良につながりやすい時期です。
そんな時は下記の旬の食材でも記載してある野菜が、夏バテした身体に必須の栄養素を多く含んでいます。
上手に摂り入れ、この時期を健康に過ごしましょう

旬の食材

旬の野菜:枝豆・オクラ・かぼちゃ・キャベツ・きゅうり・ズッキーニ・茄子等

夏の野菜といえばビタミンCカロチンが豊富で美容やカゼの予防に効くかぼちゃ。
老化防止に効くと言われているリコピンが豊富なトマト
がんの予防にも良いと言われるポリフェノールが豊富なナス
きゅうりに含まれるカリウムには体内の不要な塩分を排出し、血圧を正常に保つ作用があります。



2018年8月 ジョイフルランチ新聞 印刷はこちらから

お問い合わせ・ご試食
よくある質問
    経費削減実例のご紹介

社員食堂 経費削減の実例

病院職員向け食堂の運営

ジョイフルランチ新聞

会社案内

ブログ


取材のご依頼

社員食堂の委託・アウトソーシングで実績多数。経験と実績ある社食外部委託で、多くの企業様より安心してお任せ頂いております。大企業の福利厚生費用削減実情についても取材を承ります。お気軽に取材のご依頼をお送りください。